東京スカイツリーで出会うセレブな婚活パーティー|エクシオプレミアム

HOME 東京スカイツリーについて 東京スカイツリー豆知識 スカイツリーの色

東京スカイツリー®豆知識 スカイツリーの色

時空を超えて、やさしさにあふれた都市の未来を発信していく「白いタワー」
東京スカイツリーのカラーデザインは、周辺の景観との調和および名称やデザインコンセプト「時空を超えた都市景観の創造:日本の伝統美と近未来的デザインの融合」を考慮した、オリジナルカラーである「スカイツリーホワイト」です。

スカイツリーホワイト

この色は、日本の伝統色であり最も薄い藍染の色である「藍白(あいじろ)」をベースにしてつくったものです。
白にごくわずかに青みを加えた色なのです。
日本の伝統工芸である藍染において職人の手により作りだされる色からは、タワーの立つ下町に受け継がれる職人文化がタワーと出会うことで創造する新たな文化の幕開けを感じさせます。
「スカイツリーホワイト」を身に纏うタワーは、東京の下町の青い空に映え、時空を超えてより鮮やかに輝いていくことでしょう。

カラーデザインは、デザイン監修もされた、彫刻家でもある元東京芸術大学学長、島根県芸術文化センター センター長の澄川喜一先生です。
氏は、「東京スカイツリーは、世界に誇れる日本の古代建築である五重塔を参考にしながら、現代の優れた日本の技術の粋を集めた新タワーとしてデザインされている。日本人の伝統的な美意識に通じる『白』は、この“シンプル イズ ビューティフル”な形に最も適した色ではなかろうか。『白』は天空を背景としながら多彩な色を包容し、美しい立ち姿を際立たせることができる。時刻、天候、季節、さらに花火や新しいライトアップにより変化に富んだ世界に誇れる輝く未来のシンボルタワーの出現となるだろう」とコメントを寄せています。

空を映すキャンパス

わずかに青みのある白は、時刻、天候、季節の変化を映し出します。
晴天の日中は、タワーが真っ白に見えますし、夕方のときには、タワーが真っ赤に見えます。
また、タワーは鋼管=丸パイプで出来ているため、影が、鋼管の円に沿って、美しいグラデーションを描きます。
タワーの色にわずかに青みがあることで、影もより美しく見えますし、逆に、陽が刺したときも、純白に比べて目が痛くならないように白く輝きます。(実はこの「藍白」、別名「白殺し」とも言うそうです。

なぜかと言うと、白は本来、明度(明るさ)が一番高い色。その中で、「真っ白」ではきつくて眩しすぎるので、藍をほんのり加えて白を殺すことからそう呼ばれています。日本は昔からはっきりした色よりもあいまいな色が好まれた文化。今に至るまで、その感性が反映されているのはうれしいことです。)

設計者はこの白を「空を映すキャンパス」としてイメージしていました。
ごくわずかに違う色を混ぜるという手法は、昔から取られていた手法でもありました。日本の伝統色にも見られます。
また、エレベーターシャフトをグレーにすることで、デザインが際立つように配色されています。展望台はメタリック色、頂部は鮮やかな白です。

2009年10月16日に、ライティングデザインが公表されました。江戸で育まれてきた心意気の「粋」と、美意識の「雅」という2つの異なるライティングを1日毎に交互に替えるライティングです。このライティング機材や調光コントロール全般は東京スカイツリーのオフィシャルパートナーのパナソニック(当時・パナソニック電工)が請負い、ライトアップの全てをLED照明としました。

・「粋」は隅田川の水をモチーフとした淡いブルーの光でタワーを貫く心柱を照らし出したライティング。
・「雅」は江戸紫をテーマカラーとし、金箔のようなきらめきのある光をバランスよくちりばめたライティング。

なお「雅」はピンクすぎず青すぎない上品な紫色(複数の色のLEDを混ぜたものでなく単体で表現する)を目指しており、このような色のLEDは従来にはないためオリジナルのLEDを新たに開発しました。(「粋」はR=赤、G=緑、B=青の3色のLEDを搭載した器具と配光制御を組み合わせて、微妙な色を再現しています)また2010年10月13日にはLED実験のため、51台の照明器具で数時間だけライトアップされましたが、完成時には1995台の照明器具が使用されています。

■カラーコンセプト

日本の伝統的な美意識を表す白

富士山の頂き・下町の心意気を示す纏(まとい)・お祭の幟(のぼり)など、白は日本的な潔さ・神聖さを想起させ、日本人の伝統的な美意識に通じる色。

地域の誇りとシンボル性を表す白

白の語源は「シル(知)」・「シルシ(印)」であり、古くから他からの差異をはっきり認識させる色、シンボル性を想起させる色。タワーの立つ地域のシンボルとして、人々の誇りを体現します。

全てを包み込み、四季のうつろいと下町の営みを映す白

白はスクリーンのように空の表情・町の表情を映しこみ、四季を通じて時空を超えた景観を映し出し、ライトアップによりさらに様々な表情を見せます。タワーに集う様々な人々の作りだす豊かなコミュニティを映し出す色。

■カラーデザイン

塔体

白を基調に藍染職人の技法に倣い、タワーの白に青みを加えています。
白磁のようにかすかに青みがかった白が、繊細な輝きを放ちます。

EVシャフト

グレーのEVシャフトは白い塔体の造形に奥行き感を与え、タワーのデザインをより一層際立たせます。

展望台

ガラスとメタリック色のパネルにより一体的な表情をもつ展望台は、
白い塔体と調和し東京の空に溶け込みます。

頂部

鮮やかな白の頂部は青い空を指し示し、先進性と未来を表します。

プレミアムパーティーの開催スケジュールはこちら
開催スケジュールを見る ご予約状況を確認する エクシオが選ばれる理由
地方出身者限定パーティー

エクシオのネット婚活ルミエール・無料お試し会員様検索はこちら

P-mark
▲ページトップへ